Aviutlで動画を作りやすくする。動画が画面にきっちり収まるようにする方法

Youtube のゴミ動画ばかり作っている

最近適当に動画をあげることが多くなりました、 再生数が全くのびません。ゴミ動画ばっかり作ってるので当たり前といえば当たり前なのですが、 ただそんな動画ばっかり作っていて気づいたことがありました。

aviutlは基本50%表示で作ったほうがよい

Aviutl はジムで使える動画編集ソフトですが、 結構使いにくい部分があったりします。オブジェクトの編集画面が消えてしまったりしますが、工夫次第で何とかなります。最近動画をつくっていて、 動画に黒い部分が残ってしまうのが悩みでした。

こちらはAviutlで表示を50%表示にしたときの編集画面です。動画全体が見渡せるようになり、黒の空白部分が良く見えます。

 

今まで aviutl 動画を100%表示で作っていたので黒の空白部分があるまま動画をアップロードしていました。これを50%表示にしたところを動画の全体が見える様になりかなり作りやすくなりました。 そんなことにも気づかなかったのかという感じですか、何かの参考になれば幸いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA