無職がどうしてもやりたかったこと

まずはじめに、僕は先月会社を辞めた。そして今後一切働く気がない。別に自己正当化してるわけでもないが、別に働く必要がないと本気で思っている。しかも何か根拠があるというわけでもない。

こんな人を世間が見たらどうしようもない人だと言われるに違いない。

最近ニコ生主の七原くんという人がお気に入りになんだが、彼には働く意思がある。だが僕には働く意思がない。しかも働く意思がないことを問題とも思っていない。七原くんは人気配信者として稼ぐことができるのになぜ働こうとするのか全く理解できない。(彼いわく配信は趣味であり配信で稼ぐという発想が気持ち悪いらしい)いや本当に理解できない。

それは別に良いのだが、僕はプログラミングをやりたかった。別に好き というわけでもないのだが、とりあえず楽しいと思えることがこれしかない。

 

プログラミングを教えてほしかった

とりあえずプログラミングをやりたかったので、何を思ったかプログラミングを配信しようと思い、配信環境を整えた。配信を始めようと思ったのは、あわよくばプログラミング中に分からないことがあったら誰かが教えてくれるのではないかと思って始めたわけだが、

実際に配信をすると驚くほどストレスが溜まってしまう。

自分には配信は向いてないと思ってしまった。 そして挙句の果てに配信後に youtubeにアップされた動画はアップされた直後に低評価を押されてしまった。

別にこんなものは気にすることでもないとは思うが、低評価押すぐらいなら、初めから見るんじゃねえよと思ってしまう。

そもそもプログラミング勉強しながら配信するなんて虫が良すぎたのかもしれない。配信していることが気になって勉強している内容が全く頭に入ってこない。配信のせいでプログラミングが面白くなくなっては本末転倒である

持論を語るとプログラミングは達成感を得られるまでのプロセスが短いということがある気がしている。(上級者であればそういうわけではないのかもしれないけど)

達成感が得られるまでのプロセスが長い遊びは野暮だとおもっている。(シューティングゲームがいい例)そして達成感が得られるプロセスが短ければ短いほどいい。と怠惰な無職が語ってみました。

ついでに書いておこうNAVERもちょろちょろまとめているが、あれははっきりいって全く面白くない。自分でもできればやりたくないことではある。少額ではあるがお金が稼げるのでやっているだけだ。NAVERまとめが全く無価値かときかれたら、そうでもないとは思う。なかには価値のあるまとめを作成している方もいると思う。だが芸能ネタなどを誰の役にも立たないというのが本当だろう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA