コードをブログに載せるときに便利なWordPressプラグイン

SyntaxHighlighterとAddQuicktagが相性抜群

SyntaxHighlighterはコードを特定の文字で囲むとそれをプログラムコードとして認識してくれるものです。

このサイトにコード対応表がのっています。
http://alexgorbatchev.com/SyntaxHighlighter/manual/brushes/powershell.html
書き方は[コード種類]ここにコード[コード種類/]のようにして使います。
コードの種類は上のリンクを参考しましょう。

AddQuicktagを使うとさらに便利に

コードを書くのが楽しくなって、コードを毎回外部に公開したくなったら、AddQuicktagが非常に便利です。このプラグインはあらかじめ自分で作った定型のコードを登録しておけるプラグインです。他にも便利なソフトウェアはあるかもしれませんが、プラグインとしてブログの投稿画面に組み込まれるので便利です。

プログラムコードをブログに毎回のせたいという人にとっては非常に便利です。プラグインは増えすぎるのもどうかと思いますがこの2つのプラグインは必須のレベルかもしれないです。

AddQuicktagの使い方はちょっとコツがいります

登録するときは開始タグと終了タグを決めます。ボタンのラベルの名前はなんでもいいですが、関連があってわかりやすいものがよいでしょう。問題は画像の右側のチェック項目です。これにチェックをつけておかないと、ブログ投稿画面に操作パネルが表示されません。

このようにAddQuicktagを使って使いたいタグを登録しておきSyntaxHighlighterをインストールしておけば、コードの見栄えを簡単によくすることができますね。特に知識もなく使えるのでWordpressを使っている人にはおすすめしたいです。

最後にクリップボードの文字列をカウントするPowerShellコードを貼り付けて終わります。

#クリップボードの文字列をカウントする
add-type -AssemblyName microsoft.VisualBasic
[System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("System.Windows.Forms")
$Get = [Windows.Forms.Clipboard]::GetText()
$Get.Length
$host.UI.RawUI.ReadKey() 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA