データラングリングの選択で2つのファイルからは取らない方法を考えたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイルをコード上で比較するには熟練しなければならない

条件分岐が絡んでくると頭が混乱する

コード上で事をすすめるとオブジェクトは目では見えません。2つからデータをとってくるという意図はわかっていても、それに条件分岐がからんで、ないものを消したり、新しいリストを作ったり、またそれをzip()メソッドを使ったり、とわけがわからなくなります。プログラミング初心者にとってはかなりつらいです。混乱しないように少しでも助けになれば良いと思っています。

混乱しないために変数エクスプローラーをつかう

spyderという開発環境には変数エクスプローラーというものが、あります。ダブルクリックをすると、オブジェクトと値を詳細にみることができます。

エディターを分割してコードを比較する

spyder以外の開発環境にも分割機能はあると思います。

どうしようもなくなったら、もう一度いちから書籍どおりにコードを書いてどこが間違っているかを比較します。以外に簡単に間違いが見つかるものです。データラングリング本は相当に手ごわいです。興味本位で手を出すものではありませんでした。

最終的には2つからとらないことも重要かもしれない

2つのファイルを条件分岐などで相殺しあうよりも、まずそれぞれ1つのファイルからとりたいところをとってきて、それをあとでつなぎ合わせるほうが圧倒的に楽なような気がします。というかコード中ではそれをやっているのですが、やはり1つのファイル用にコードも小分けしたほうが良いと思います。

1のファイルで取りたいものをリストにして後でくっつける。

そのようにうまくいかないものもあるかもしれません。データラングリングに感情論じみたものがまじってきたら負けです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA