windowsリモートデスクトップを使う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

windows10でリモートデスクトップを使う

「コントロールパネル」→「システム」→「リモートの設定」で接続を許可する設定にする。

{このコンピュータへのリモート接続を許可する}にチェックをいれる

つぎに手順は好きな方法でいいけど、winキー押下。プログラム一覧から

「windowsアクセサリ」をクリック→そこかか「リモートデスクトップ接続」を選択する。

画面があらわれるので、

こちらにはipアドレスを入力するとうまくいきます。ipアドレスを入力するには

コマンドプロンプトでcd ipconfigと入力します。

これであとは進んでいくだけです。

 

コラム: chromeリモートデスクトップとの違い

内部的な違いはわかりませんが、windowsリモートデスクトップの場合は、オプションの設定を変えることにより、ファイルの受け渡しが可能になります。chromeリモートデスクトップでも可能かもしれませんが確認はしていません。

またchromeリモートデスクトップよりも動作が若干機敏な感じがしました。

 

コラム2; マウスが表示されない。

リモート操作するpcにマウスがないとマウスカーソルが表示されません。これはchromeリモートデスクトップでも同様です。

マウスをusb接続せずにカーソルを表示するには、

「コントロールパネル」→「コンピュータの簡単操作センター」→「マウスを使いやすくします」に進み、{マウス機能を有効にする}にチェックをいれます。

これでマウスカーソルが表示されます。

 

コラム3; ファイアウォールの設定

ネットの情報をみていますと、ファイアウォールの設定を変更する情報がありますが、私の場合は設定しなくてもうまくいきました。人によっては設定が必要な場合があるかもしれません。

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA