仮想通貨「ADA」の送金詰まり(送金停止)とはなにか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨「ADA」バイナンスでの送金詰まり

現在バイナンスでADAの送金詰まりが発生しており、

一部で話題になっています。カルダノのチャットで確認できます。

英文で書かれていますが、翻訳したら大体の内容はつかめます。

どうやら複数の人が同じような状況になっていて、こちらは去年末から状況が改善されていません。またADAだけでなく他のいくつかのコインも同様の現象になっているようです。

送金詰まりはコインへの信頼が低くなってしまう気がします。

 

コラム: バイナンスの特徴

わりと多くの人が知っているとコインのXEMは、バイナンスでは取り扱っていません。

日本の取引所で取り扱っているところはありますが、今買おうと思っても、おそらく日本の取引所だけでは不可能です。

本人確認なしで取引できるのはいくつかの海外取引所だけかと思います。

また、前の記事にも書きましたがバイナンスは購入の際に確認ボタン等は表示されず、購入ボタンを一回押しただけで購入になりますので十分注意しましょう。

 

追記: 18/1/9

こちらの記事でもADAのバイナンス送金停止に関して取り扱っていますね。

ADAの場合は送金詰まりというよりも送金停止ですね。なにか技術的な問題もあるかもしれません。

上記の記事によると、カルダノ側では解決済みで、あとは取引所サイドの問題ではないかという見解を書かれています。色々記事をみていると、仮想通貨を始める人が増えていて、有名取引所は日本国内だけでなく海外取引所さえも一時停止をしているほどだというのをみかけます。はじめたくてもはじめられず、仮想通貨の価格は下落していくかもしれません。

この話は完全に個人的な想像ですが、ADAの送金停止問題は解決までにまだ暫くはかかりそうな感じですね。

余談ではありますが、どこの取引所でも買えずこまっているのだったらば、この記事を書いている時点でのねらい目は

DMMビットコインです。1月11日に申し込み受付開始です。お見逃しなく。

それと日本の取引所は有名な3大サイトのほかにもいくつかの取引所は存在するようです。

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA