javascript throw(例外処理)

javascriptのthrowとは

javascriptのthrowは例外をだしてプログラムをとめます。実際にはthrow new Erorr()という文を使用してプログラムをとめます。文字列じゃなくとも数値を引数にできるようです。

例外は「例外」です。実際にプログラムはエラーになります。throwを使うことでどのようなエラーがおきたかがわかりやすくなると思われます。

例外処理は忘れやいわりに、意外とプログラムの幅を広げる気はします。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA