javascript try catch finally(例外処理)

javascriptのtry catch finallyの使い方

意外とハマるのがtry catch分です。ハマるとは熱中でなくて、解決できなくことですが。

tryの特徴

  • 例外がおきるとcatch(e){}ブロックに処理がうつる
  • 例外がおきなかったらそのままtry文を終了する。ただしfinallyがあっ場合はfinallyに処理が移動する
  • throw new Error(“”)は別に使わなくてもよい

catch(e){}の特徴

  • (e)は省略できない。eはただの変数でthrowで投げられたものが入っているだけ。投げなくても書かなくてはならない。
  • 例外がおきた場合の処理を書く

filallyの特徴

  • 省略可能。tryで例外が起きても起きなくても実行される

わかりにくいので動かしてみるのがいい

例外処理と結構覚えること多くて大変ですよね。3つの単語だけなんだけどいろいろパターンがあるので難しいです。ノンプログラマーが使用するとしたら try catch(e)だけつかって例外を無視することくらいでしょうか?

javascriptは先が見えないです。

まとめ

catchの(e)は省略できない。

throwはなくても例外がおきたらcatchに処理がうつる
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA