windowsだけで矩形選択はできるのか。

windowsだけで矩形選択できるのかという問題、実はこれできない。できないんだけども打開策みたいなものはある。ではどうすれば見ていきましょう。

Keyhacを使って矩形選択を実装できるか

Keyhacはあるキーをおしたら、あるキーをおしたことにするということができるソフトウェアになります。keyhacはこのブログでもなんどか紹介しています。

keyhacのダウンロードはこちら ➡ craftware – Keyhac (日本語)。 使い方をここで解説するのは野暮なので省略します。

それでKeyhacを使って矩形選択できるかという話。実はできない。Emacsは[C-S]でレクタングルモードに移行しますが、それをKeyhacを使って実現することはできません。頑張れば実装できるかもしれませんが、なにせやる気がない。ところでWindowsでテキストを複数選択する方法はショートカットキーのShift + ←→ではありますよね。

ShiftではなくCtrlでテキストを選択できるようにする

Keyhacを使ってもwindowsで矩形選択を実現することはできないけど、複数テキスト選択をShiftではなくCtrlにすればいくぶんかホームポジションを崩さずに済むのではないかと思ったので思い切ってCtrlキーに変えてみました。

keymap_global[ "C-Right" ] = "S-Right"         # RectangleRight
keymap_global[ "C-Left" ] = "S-Left"           # RectangleLeft

しかしこの設定ではある機能が犠牲になります。それはなにかというと文章の単語推移です。コントロールと方向キー同時押しをすると実は単語推移をすることができるのです。以外と知らない方も多いかな?といった印象。しかし単語推移はたしかに便利ですが、これを意識して使用しているかというと、あまり使わないケースの方がおおいと思ったので、とりあえずこのままにしておくことに。

Windows 矩形選択でぐぐってみたはものの、terapadをつかえなだのphpeditorをつかえだのと個人的には的外れな情報ばかりでてきたので萎えた結果思いついた方法でした。矩形選択くらいWindowsの標準機能として実装してほしいものですが、そのあたりの技術的なところは素人がものをいうべきではないのでこのあたりで。

後雑感

ほか、マウスのダブで単語選択ができる。Keyhacでかえたのは、テキストの複数選択と行選択をやりやすくしたことくらい。実はこの単語選択のようなものができればあとはもう困ることはないのだがそれが難しい。キーボードでクリックすることはできるものの、マウスカーソルが表示されている部分でクリックされるので実質的にはキーボードでクリックできるようにしたところであまり意味がない。

このあたりはもっと突き詰めれば、意外とすぐ良案がみつかりそうではあるものの、やる気が0。やりたいと思ったらまた考える方向で。