【Android Studio】Activityのライフサイクル。いつよばれて、いつ破棄されるのか

Android Studioのアクティビティのライフサイクル

Androidアプリにはアクティビティのライフサイクルがあります。アプリを起動したときや、ホームボタンを押したときに自動的に呼ばれるメソッドがあります。それらを把握しておけばプログラミングをする際に少し楽になるのではと思っています。今回はActivityのライフサイクルで呼ばれるメソッドについてネットに転がっている情報を集めてまとめます。

Activityのライフサイクル

引用元: onCreate と onStart と onResume の違い

onCreate() Activityが初めて生成され、Activityの初期化は全てここに書く。つまり全て初期化される
onStart() Activityが開始された時に呼ばれる。Activity生成されたがユーザーには見えない時。
onResume() 再表示されたとき、ユーザーが復帰したとき
onPause() Activityが隠されるとき
onStop() Activityが一時停止状態になるとき
onDestory() Activityが完全に破棄されるとき

注意書き

この記事はおおまかな動作を把握するために作っているため、正確な情報が欲しい人には参考にならない可能性があります。

どのボタンを押したらどのメソッドが呼ばれるかについては、アクティビティの停止と再起動  |  Android Developers - アンドロイドデベロッパーズのサイトを参考にするか もしくは、自分でログを表示するプログラムを作成することをおすすめします。