no-image

【Windows PowerShell】繰り返し処理を行う方法

PowerShellで繰り返しを行うにはforもしくはforeachを使用する

PowerShellはWindowsに標準で入っているソフトで簡単なスクリプト言語で、Windows7以降のOSには標準で付属しているそうです。PowerShellの特徴を簡単に述べると以下のようになります

  • コマンドラインとして使うことができる
  • Powershell ISEというエディターを使うとスクリプト言語をかける

PowerShellはとくに準備もなく使えるし、動作も軽いので簡単なスクリプトを書きたいときに使うことがあります。今回はよく使うことが想定される繰り返し処理についてみていきます。

for文で繰り返し処理を行う方法

for文の書き方は以下のようにします。
for($i = 0; $i -lt 5; $i++){
echo “hello”
}
PowerShellは変数に $ をつけるのが特徴です。またfor文の条件式で演算子ではなく -lt のような記号を使います。ついでに配列を宣言して配列の要素をfor文で取り出すやり方も書いておきます。配列は @() を使用します。
$names = @(“田中”, “鈴木”, “田口”)
for($i = 0; $i -lt $names.Length; $i++){
echo $names[i], “さんこんにちは”
}
PowerShellの文字連結は +演算子 を使用しないのが特徴で ,カンマ を文字列連結に使用します。

foreach文で配列から要素を取り出す方法

foreach文は配列から要素を取り出すときによく使う構文です。書き方は以下のようにします。

$names = @(“田中”, “鈴木”, “田口”)
foreach($name in $names){
echo $name + “さんこんにちは”
}
foreach(要素名 in 配列){}のような書き方ですね。

まとめ

PowerShellは簡単に使うことができるソフトですが、文法を忘れることがあるので、困ったらここを見に来ていただければと思います。