Linuxのchmodコマンド(パーミッション)まとめ

基本

権限を変更するにはchmodコマンドを使う 

chmod [ugoa][+-=][rwx]

chmodコマンドのオプション

 

u 所有者の権限
g グループの権限
o その他のユーザーの権限
a すべての権限
+ 権限を付与する
権限を削除
= 後に記述した権限にする
r 読み込み権限
w 書き込み権限
x 実行権限
s セットID
t スティッキ・ビット

パーミッション早見表

7 4+2+1 読書実行 rwx
6 4+2 読書 rw-
5 4+1 読 実行 r-x
4 4 読    r–
3 2+1  書実行 -wx
2 2  書   -w-
1 1   実行 –x
0 0 権限なし

読み方
7:本人で読み書き実行の全許可を与えます。
5:グループで読むことと実行権を与えます。
5:他人で同じく読むことと実行権を与えます。
755 は -rwx r-x r-x となる

権限の確認

$ls -l filenam

なぜパーミッションが必要なのか

またわかったら書きます