LibreOffice5.4⇀6.1にバージョンアップcalcの起動が爆速に。

LibreOfficeはバージョン6.1をインストールしよう

LibreOfficeといえばエクセルのかわりにつかえるという認識ですが、久しぶりに使ってみていつも「LibreOfficeの最新バージョンが・・・」というのが表示されてはいたのですが、あまり気にしていませんでした。

何の気なしにインストールしてみたらバージョン5.4→6.1にアップデートしていました。LibreOffice – Wikipediaをみてみるとバージョン5.4から6.1に至るまでの期間が結構短いことがわかりました。結構なスピードでバージョンアップされています。

まだバージョン5.4のまま使っている人は6.1にアップデートしておきましょう。

calcの起動が爆速になっています。

バージョン確認とアップデートのチェック

バージョンの確認はLibreOfficeCalcメニューのヘルプLibreOfficeについてから行います。

更新のチェックは自動で行われますが、ヘルプ更新のチェックからでも行うことができます。

はじめてのLibreOfficeCalc

LibreOfficeCalcを使うひとはあまりいないかもしれませんが、実はVBAの構文を使うことができたり、カスタマイズ性も結構高いです。好みによるところもあるかもしれませんが、ひととおり使いやすくするための設定を見ていきます。

オンライン更新の確認をしないようにする

ツールオンライン更新自動的に更新をチェック→のチェックをはずしておきます。(好みによるかと思います)

LibreOfficeCalcを環境変数「Path」に追加する

LibreOfficeを頻繁に使用Windowsユーザーであれば環境変数に登録しておくのがよいでしょう。(これも好みによるかもしれませんが)LibreOfficeをアップデートしてもパスはかわらないので一回設定すればずっと使えます。環境変数に登録すればファイル名を指定して実行でLibreOfficeが起動できるようになります。

アプリケーション名はscalcと入力して起動します。

環境変数を設定するにはWindowsのコントロールパネルシステムシステムの詳細設定環境変数へとすすんでPathを選択して編集をクリックします。

LibreOfficeのパスは以下のようになっています。新規でこのパスを貼り付けてOKボタンをおしてパスの追加が完了です。

C:\Program Files\LibreOffice 5\program


まとめ

LibreOffice5のままの人は6.1にしておきましょう。起動がかなりはやくなっていました。