シューティングゲームビルダー実践⑨敵の編隊を作成してみよう

シューティングゲームビルダー実践記も9番目になった。敵の編隊の作成はこれまで、やってきたことよりもずっと簡単だ。

敵の編隊を作成してみよう

敵の変態は、複数のオブジェクト(キャラクタ)をひとまとめにして、ステージに配置できるようにしたもので、ただの編隊をつくるだけならキャラクタを複数登録して、位置を調整するだけだ。
screenshot 20181219 1841
今回は「スラリン」という敵キャラクタを2体追加した。Xの位置を30と-30にしている。編隊編集においては座標調整は必須だろう。

作った編隊はどうすれば動く?

作った編隊はテストプレイウインドウにドラッグ&ドロップすることが可能だ。そうすると、グループ単体のテストにデバッグモードが切り替わる。再度デバッグの実行をかければOKだ。
image836

作った編隊はステージに配置することもできる

作った敵はステージに配置することも可能だ。ステージに配置する際は、メインウインドウの編隊から作った編隊をえらんでドラッグ&ドロップすればOKだ。
image849

ここまでの作業を動画で確認する