BlenderのScrewを使って バネ を作る。

BlenderのScrewモディファイア―を使って バネ を作成しよう。

Blenderでバネをつくるポイント

  • Circleオブジェクトを作成
  • Editモードでxを90°回転
  • Editモードx方向に少しずらす
  • Addモディファイア―でScrewモディファイア―を追加

Blenderでバネをつくるポイントは少しややこしいです。Editモードでx軸の回転を90°に設定します。それから少しX方向にずらします。次にScrewモディファイアを追加します。ここまでのステップはとくに難しいことはないのですが、オブジェクトモードで回転や移動を行うとうまくいきません。

オブジェクトモードで操作するとバネの作成が失敗する理由まではわかりませんが、そういうもんだと思っておけばよいのではないでしょうか。(筆者にBlenderについて深い知識はありません。)

Circleオブジェクトを追加しよう

バネをつくるにはまずCircleオブジェクトを追加する必要があるので、Circleオブジェクトを追加します。Editモードにして回転を90°にして、x方向に少しずらします。
screenshot 20181229 0439
上の画像がここまでの作業を終えた状態です。ここからバネが作成できるなんて想像できませんが、ここからScrewモディファイア―を追加することで、バネができあがります。

Screwモディファイアを追加しバネを完成させよう

CircleオブジェクトにScrewモディファイアを追加しパラメーターは、Screwが1。Iterationは4にします。Iterationは日本語になおすと「繰り返し」になります。Screwモディファイア―のパラメーターを設定したら バネ の完成です。
screenshot 20181229 0445

Blenderでバネを作る動画をみる

Blenderでバネを作るのは難しくないですが、バネをつくるためになぜこのような操作をするのかまでは理解できませんでした。バネをつくるのは少しだけトリッキーなので動画にしてみます。