Blenderで 日本刀の鍔と鞘(つばとさや)【日本刀を完成させよう】

Blenderで 日本刀の鍔と鞘 を作成し、日本刀のモデリングを完成させます。

Blenderで日本刀の鍔(つば)を作るポイント

  • キューブオブジェクトをベベルで調整していく
  • インサートを使って鍔にくぼみをつける

Blenderで日本刀の鍔をモデリングするのですが、実は日本刀の鍔をモデリングするのはめちゃくちゃ簡単です。ベベルのパラメーター調整が主な作業になり、鍔っぽい形を作っていく作業になります。
scrennshot 20181231 0647

ベベルのショートカットはctrl + bです。パラメーターの調整はツールシェルフで行います。ツールシェルフを呼び出すにはtをおします。ベベルの調整にかんしては最後の動画をごらんください。作っている日本刀の大きさによりベベルのパラメーターはかわってきます。

インサートをつかって鍔にくぼみをつけよう

鍔のベベルの調整が終わったら、インサートをつかって鍔にくぼみをつけましょう。くぼみはなくてもよいですが見栄えがよくなります。まず鍔の面を選択しインサートのショートカットキーiをおします。インサートを確定させたら次は押し出しのeでくぼみをつけます。

完成イメージは次のようになります。
screenshot 20181231 0654

Blenderで日本刀の鍔を作る動画を見る

日本刀の鍔はベベルの調整が主な作業になります。Blenderで鍔をモデリングする動画をはっておきます。

Blenderで日本刀の鞘を作るときのポイント

  • 日本刀の はばき の部分を複製して分離する
  • 複製したオブジェクトを膨張させる
  • 押し出しで延長する
  • ループカットをおこなって調整する

日本刀の鞘をつくるには はばき を複製して調整したのち膨張させます。ループカットで調整する部分は日本刀の刃を作成したときと同様の要領になります。Blenderで日本刀の刃をモデリングする記事はこちらをごらんください。
Blenderで 日本刀の刃の部分 【Merge】

日本刀の鞘に関しては複製して作成すること以外はほとんど 刃のモデリングをしたときと一緒なのでとくにありません。強いてなにかあげるとすればベベルを多用することくらいでしょうか。

画像で説明してもよいのですが、量が多くなるので、こちらも動画を参照していただければとおもいます。

Blenderで日本刀の鞘をモデリングする動画をみる

Blenderで日本刀の鞘をモデリングする動画をはっておきます。鞘のモデリングに関しては作業がかなり雑になっています。手元の参考資料どおりに綺麗にモデリングできていませんが、こういうふうにつくるんだなということはわかると思います。