Blender

【Blender】手書き文字アニメーションの作り方【Hand writing】

Blenderで手書き文字アニメーションを作る方法を解説します。手書き文字アニメーションはグリースペンシルで作成する方法と、メッシュ(頂点)から作成していく方法があります。よくみる筆記体アニメーションをどうやって作成するのか、さっそくみていきましょう。手書き文字アニメーション Hand writing とはなにか?Blenderで手書き文字アニメーションを作りはじめる

【Blender】テキストタイピングアニメーション を作る方法

Blenderで テキストタイピングアニメーションを作る方法を書いておきます。この情報は既出ですが、作成過程の情報がまとまっていませんでした。はじめてBlenderでタイピングアニメをつくるとき、スムーズに作れるように情報をまとめておきます。Blenderでテキストタイピングアニメをつくるにはどうしたらいい?Blenderは標準ではテキストタイピングアニメを作成できる

Blenderの「source file in the add-on search path」エラーに関して

Blenderの「source file in the add-on search path」エラーの解決方法を書いておきます。source file in the add-on search pathはどういうときにおきる?Blenderでアドオンをインストールしようとすると、「source file in the add-on search path」という文字が

【Blender】GreasePencil クイックマスター(仮)

BlenderのGreasePencilの基本をクイックマスターしていきます。この記事で発信する情報は、グリーズペンシルの最低限の機能やショートカットなどの解説です。Blenderのグリースペンシルとはグリースペンシルは3Dviewポートに落書きできるものですが、実際はもっと高度な使い方できるはずです。わたしはBlenderの初心者なので、グリースペンシルとはこういう

【Blender】RigidBodyの当たり判定まとめ

BlenderのRigidBodyは当たり判定を変えることができます。当たり判定は目視可能で、RigidBodyCollisionsのShapeで変更することが可能です。Shapeはいくつか種類があるのでまとめておきます。それとShapeKeyとRigidBodyの関連についても触れます。

Blenderのアニメーションで 途中から オブジェクトを表示させる方法

Blenderのアニメーションで オブジェクトを途中から出現させたいと思ったことはありませんか、オブジェクトを途中から出現する方法、あります。目玉マークとキーフレームがカギになります。Blenerのバージョンは2.79です。Blenderでアニメーション途中からオブジェクトを出現させるBlender起動時のデフォルトキューブに物理演算のRigidBodyを追加しア

Blender シェイプキー クイックマスター【ShapeKey】

Blenderのシェイプキーの使い方を解説します。シェイプキーは通常の移動、回転、スケールではなく、Editモードでの押し出しや膨張などをアニメーションに加えることができます。使い方に少しクセがあるので見ていきましょう。

Blender オートキフレームでアニメーションを録画する方法

Blenderのオートキフレームでアニメーションを録画する方法があります。その方法をみておきましょう。オートキーフレームの使い方オートキーフレームを使うには次の画像のボタンを押します。

Blender オートキーフレームの使い方【AutoKeyFraming】

Blenderのオートキーフレームを解説したいと思います。オートキーフレームときくと難しいイメージはありますが、やってみると簡単です。オートキーフレームは激しくおすすめなので、オートキーフレームの使い方を覚えておきましょう。動画での解説もあります。Blenderのオートキーフレームとはなにか?Blenderのオートキーフレームは、キーフレームを自動挿入できる機能です。

Blenderの ドープシート を使うべき理由とその使い方

Blenderの ドープシート を使うべき理由と、ドープシートの使い方を解説したいと思います。ドープシートはアニメーションを編集するときよく使う機能です。少し複雑なアニメーションを作るときにドープシートは重宝するので最低限の使い方をみておきましょう。まず Blenerのドープシート とはなにか?はじめに Blenderのドープシート の位置づけについて解説していきたい

小さくはじめる、Blender NLAエディター の覚え方

アニメーションをトラックで管理できる。BlenderのNLAエディターの使い方を解説していきます。NLAエディターはややこしいので、まずは小さくはじめることが重要です。最低限の知識をみにつけてNLAエディターを使いこなそう。BlenderのNLAエディターとはなにかBlenderのNLAエディターはアニメーションを動画編集感覚で管理できます。NLAエディターの特徴はト

これでOK。Blenderのボーンミラーリングを正しく行う方法

Blenderのボーンはミラーモディファイアが設定できないので、特殊な方法でボーンをミラーリングします。ボーンのミラーリングは簡単ですがいくつかのポイントがあります。ミラーしたボーンの名前を自動修正する機能であるFlipNameはBlender2.79で正しく動作しなくなっているようですのでそれもあわせて解説します。はじめにボーンのミラーリングについてBlenderの

簡単実践。Blenderアニメーションの繰り返し

Blenderでアニメーションを繰り返しさせる簡単な方法をみていきたいと思います。アニメーションの繰り返しは、いくつかの方法があるのでその点についても解説していきたいと思います。Blenderの情報を収集するとき英語で検索するとすぐでてくるのですが、日本語で検索すると、アニメーションを繰り返しさせる結果だけかかれているようなサイトばかりで良いサイトがでてきません。この記事を見ればわかるよう

Blenderのドミノづくりで盛大にはまったので情報共有

Blenderでドミノを作ろうと思ったら盛大にはまってしまったので、Blenderのドミノづくりで困ったことや、気づきなど情報を広めたいと思います。BlenderでドミノをつくるにはまずはBlenderでどのようにしてドミノをつくるか書いておきたいと思います。 Blenderでドミノをつくるには物理演算(Physics)の理解が必要

Blenderで無重力アニメーションを表現する方法

Blenderで無重力アニメーションをやってみましたので、その方法を広めたいと思います。

Blenderの物理演算にアニメーションを追加し、メダルゲームを検証する。

Blenderの物理演算(RigidBody)にアニメーションを追加し、メダルゲームを検証した結果を記事にしておきます。RigidBodyはオブジェクトに質量をもたせる物理演算です。基本的な使い方がわからないかたはこちらの記事をご覧ください。Blenderの物理演算(