プログラミング

no image

RubyとPowerShellでファイル名の連番からZipフォルダ作成まで自動化

前提前提として以下のようなものがありますがあまりにお気になさらず自由で良いかと思います。 そもそもrubyとpowershellを使う必要はない。 デスクトップがカレントディレクトリであると想定 PowerShellのコードは汚いけどおそらくもっときれいにかける今回はzi

no image

PowerShellでzipフォルダの作成を自動化

powershellでzipファイルの圧縮を行う前にこの記事の1個前の記事と2つ前の記事では、rubyとpythonでファイル名を連番にするという記事を書いた。ついでに連番にしたファイルをzipファイルにするまでをスクリプトで自動化したいとおもったけど、ファイルの編集などもあるため、そこまで自動化しなくてもいいとおもった。ようするにWindowsの場合は「右クリック」

no image

Rubyでファイル名を連番に。あるいは日付の連番にする。

Rubyで日付関係をざっと見ておくQitta一色でおもしろくないけど結局一番役に立ってるサイト。基本なんか検索してでてきた情報をトレースしとけばいい。[rb]require "time"require "date"# ruby => TimeClassnow1 = Time.newp now1now

no image

pythonでファイル名を連番に。あるいは日付の連番にする

いまさらかん。あとやたらめんどくさい必要となる知識datetimeモジュールosモジュール文字列を日付にする datetime.datetime.strptime(str, "")日付を文字列にする strftime()datetime.timedelt

no image

Rubyのパス操作を覚えてみる

覚えるものでもないけど・・・・。rubyのパス操作をやってみる。DirとFileUtilsDirは組み込み。FileUtilsとりあえず require で読みこんだかないといけないらしい。[rb]require "fileutils"# Dir::mkdir("tmp2")# sleep

no image

Rubyのファイル操作と正規表現を同時に覚える

思い返すとプログラミングの本ってほとんどがクソだったと思う。「たのしいRuby」なんてその最たる例だったかも。Ruby基本[rb]# each(0..10).each do |i| puts iend # uptoputs "upto!!!"ary = []2.upto(10) do |i| ary

numpy 初心者で使わないけど知っておいてもいい。

numpyは機械学習でよく使うと目にしますが、別に機械学習やりませんので。numpyって結局なにに使うかよくわからないというのが個人的な感想です。ですが numpy には以下の特徴があるようです。 for文よりも早い(と言われている) for文を書かなくていい 配列同士の計算が簡単

python スロットマシンを作ってみる

pythonで空がとべないとわかっているのに、ずっと空を飛ぶ方法を探す病気をなおしたい。pythonでスロットマシンをつくるには?スロットマシンの仕組み自体は簡単なのですが、ここで問題となってくるのが「確率」です。pythonには実はnumpyモジュールを使うことによって、「リストの中から確率でえらぶ」というこ

pythonで「3乗根」を求めるにはどうしたらよいのか?

中学生レベルのお話がわかりませんでした。pythonで平方根を求める正直いうと平方根がなにかわからなかったのですが、これは二乗の逆のことをするわけですね。平方根って名前やめてほしいです。漢字ってほんとオワコン。(漢字の利点もあるんですけども)どうでもいいはなしはさておき python で平方根を求めるほうほうについてpythonで平方根

python 使い捨て日記のように使えるコードを書いてみる

侍エンジニアはクソだと言い続けましょう。品質向上のために。pythonで使い捨ての日記のようなプログラムを作るこちらは使い捨て日記とはいっても、アプリケーションではなくて、pythonコードの組み合わせで実現しようというものです。正直ぜんぜんなくてもいいのですが、datetimeモジュールをたまには使ってみたいということもありちょろちょろ書いてみます。

python サンプルコードでひととおりわかる datetime

全体的な数学の知識不足を感じていますpythonのdatetimeモジュールpythonのdatetime系のモジュールは活躍する機会が少ないですが、これは個人的に少ないだけで、分かる人は普通にばりばりつかっているんだろうなという感じです。どうでもいいはなしではじまってしまいましたが、pythonのdatetimeモジュールは結構ややこしいです。オブジェクトに

no image

ブルートフォースアタックについて考えてみる

総当たり攻撃をしたくなりました。何通りを求める方法何通りを求める方法は知らないとあれこれ考えるのですが、ちゃんとした求め方があるようで、それを知っておくだけで簡単に「何通り」かを求めることができます。たとえば「0~9」の数字が3桁あるとしたら、10の3乗をすればいいそうです。「10 * 10 * 10 = 1000」で1000通りの組み合わせがあるそうです。こ

python メルカリ商品データを分析する。〇万円代の商品を取得するには?

どうも。surface pro4が70000円で売っていましたが、2世代だったことに気づいていませんでした。メルカリ商品データを分析するこちらの記事で、メルカリの「商品名、価格、売り切れ」のデータをとるプログラムを書きました。

python プラス マイナス変換。整数の四捨五入などの小技

note.nkmk.meって結構役に立たないから2ページ目に表示されてほしい。python プラスマイナス変換プラス マイナス変換でググってみたけど、自分の知能の低さにびびるはめになった。[py]x = 1 * -1print(x)# -1[/py]・・・。・・・。整数四捨五入の小技pythonには浮動小数

pythonでメルカリの商品名と価格をスクレイピングする。

pythonでメルカリの商品名と価格をスクレイピングしてみます。スクレイピングの準備pythonでスクレイピングする方法は知る限りでは、seleniumをつかうかbs4とrequestsを使う方法があります。今回は後者をつかいますのでpython構文の冒頭で。[py

matplotlib 棒グラフで列が増えても対応できるコードを書く。

matplotlib クソすぎわろた。 いやぶっちゃけ笑えない。棒グラフで列が増えても対応できるコードを書く。以下サンプルコード。[py]import pandas as pdimport matplotlib.pyplot as pltdef matlib_bar(data_frame): # width w = 0.