最近保育士の人手不足が問題になっているらしい

よくよく考えてみると保育士の人手不足と

いうのは前々から言われている問題である

気がする。でこの問題であるが、二点ほど

あるようだ。

まず1つ目は公立保育所の求人倍率が高すぎ

ること。採用試験には人が殺到するが保育所

の数が足りていないらしい。

そして2つ目だが、実際に保育所働いてみると

過酷な労働の割には給料が低いということで

離職率が高いのも保育士が不足している一因

のようだ。

そしてこの問題を解決するために最近政府が

出した策が(2017年4月)職員の給与を2%アップ

するというもの。

これにはさすがに批判の声が殺到しているよう

だ。ネットで見る限りの情報で想像できるのは

このようなことだが、保育士が不足している分

待機児童問題もあるだろう。聞いた話によると

待機児童は子供の6人に1人らしい。

こういう重要な問題があるときに私は自分の

頭でものを考えることができない。この

問題はどうすれば解決できるのだろうか。

祖父や祖母がいる家庭ならそちらに預ける

のも手なのかもしれない。

そして思うのが給与アップを望んでいる声、

本当に欲しいのはお金なのか、時間とか休み

がほしいのではないだろうかと思う。

この問題に関するまとめのリンクを下記

に貼っておきますので気になった方は

チェックしてみて下さい

 

※詳細はこちらから

学校教員の過重労働がネットで話題になった

学校教員が疲弊している問題。ネットが発達

したおかげかこのような様々な問題が目に

つくようになった。で、この学校教員の

労働内容だが、全く休憩がとれていないという

現状があるらしい。精度としては45分間の

休憩をとることになっているが、次の授業の

準備やテストの採点、生活のノートのチェック

などで日々時間に追われているという。

この問題は自分なりにまとめてみたは

いいが解決策が思いつかない。もともと

わたしはこの問題に言及できるほどのレベル

ではないが、ふと孫正義さんと田原総一朗が

議論していたyoutube動画を思い出した

私はこのような対談動画を見るのが好きだ

そこで言われていたのは電子教科書にして

テストの採点は自動化するというものだ。

教師はテストの採点になんか時間をさいて

ないでもっと他にできることがあるだろう

と・・・。最近では堀江さんが教育不要論

を唱えていたりと教育を改めるどころか

もはやいらないという意見まででてきている

確かに学校の教育では皆同じことを教えられる

ので個性は伸びないのかもしれないし、規律

に従順で自分で考える力が養われないのかも

しれない。下記にリンクを貼っておきますので

気になる方はチェックしてみてください。

あまり関係はないですが、

現在私も半分くらい読み終わった。

堀江貴文さんの本

全ての教育は洗脳であるもあわせてどうぞ

 

※詳細はこちらから