ガジェット

Audio-technica AT2020 usbの使用感レビュー

Audio-technica AT2020 usb 商品レビュー

audio-technica  et 2020 usb ですが、 youtube にいろんな動画はあがっているものの動画ではわからないこともあると思います。私の場合はマイクの角度を変えたくてマイクスタンドを取り替えられるのかと言うのが気になっていたのですが、 youtube を探していても有力な情報が出てきませんでした。

今回 AT 2020 usb を買ったので詳しく説明していきたいと思います。

audio-technica AT 2020 usb 外観チェックをしていきます。

外観に関しては黒を基調としたすっきりしたデザインです。 今回中古で購入したのでマイクスタンドはついていきませんでした。その代わりJOBYのゴリラポットをつけて使用しています。

汚い手を見せて申し訳ないのですが大きさに関しましては手のひらに収まる程度の高さです。純正のマイクスタンドですと、若干ゴリラポットよりは高くなってしまいます。問題はマイク使用時にモニターと被ってしまうことです。

 

ちなみにこちらがゴリラポットの画像です。ゴリラポットは 元々カメラスタンドなのですが、変換ネジを使うことによってマイクを取り付けることができる様になります。変換ネジに関しては店頭で売っている可能性もありますが、品薄で在庫がない可能性もあります。アマゾンとかで買ったほうがいいかもしれません。変換ネジは1/4オス→3/8オスに変換するものです。

 

こちらはマイクスタンドからマイクを取り外した状態です。見ていただければ分かると思いますが取り付け部分はネジ山になっておりますので。締めこんでで行くことによって固定されます。

 

マイクの角度を自由に変えたい

マイクの角度を自由に変えるには別途雲台を購入する必要があるでしょう。ただ、マイクアームを使うという選択肢があるのを忘れないでください。私がやってるやり方はかなり邪道です。

こちらはJOBYの雲台です。この商品は自由に角度を変えることができます。めぐみちゃんねるが動画で紹介しているのでそちらを参考にしてもらったら良いと思います。

 

このようにしてネジを緩めて、かたむけると全方向に180度回転することができます。

 

こちらは雲台の取り付け部分のネジ穴です。検証したのですがゴリラボットのネジ穴とマッチしませんでたしかしこちらに関しても変換ネジを使うことによって取り付けることができます。

この変換ネジというのは、「1/4オス→3/8オスに変換、3/8メス→1/4メスに変換」する商品のことです。詳しくは google で検索してみてください。

Audio-technica AT2020 usbの音質に関しては youtube にたくさん動画があがっているのでそちらを参考にしてもらう方が良いと思います。私の使用感としてはかもなく不可もなくいったところでした。ただ中古で買ったので、タバコと香水がいりまじった匂いがしたのが不満でした(全然音質と関係なくてすいません)

まだ色々と書きたいこともあるのですが、今回はこのへんにしておきます。

以上で商品デビュー終わります

Anker USB3.0ハブを買ったのでレビュー

USB3.0ハブとは?

USB3.0ハブとはUSBのポートを増設する機器です。
このUSBハブは、セルフパワーといって別から電源をとるタイプと、
バスパワーといって、パソコンから電源供給するタイプがあります。

USBハブは2.0タイプと3.0タイプがあると思いますが、 2.0の場合は500mAまでしか供給できません。3.0の場合は900mAまでバスパワーで供給できます。

USB3.0ハブでマウスやキーボードは動作する?

今回買ったAnker USB3.0ハブでマウスやキーボードの動作を確認しましたが、ちゃんと動作するのを確認しました。

4ポートとパソコンから電源を供給する線を合わせて5で分けることができます。とすると900/5で1ポートあたり180mAまで供給することができます。

マウスやキーボードの電力はどのくらい?

これについていろいろ調べていたのですが、キーボードやマウスの製品仕様に電力などはのっていないです。明確な答えはありませんでしたが、USB3.0であればおそらくマウスやキーボードの動作くらいだったら余裕だと思います。(ハードディスクなどは動作が不安定になる)

Ankerの商品は斜め刺しができる

usbメモリが斜めにさせるとわりと、かさばりにくいのが良いです。
今回は動画をとってみました。