最近買った本の紹介

▼堀江貴文 「ゼロ」 今更購入。自分はホリエモンがちょっと前に好きになりましたけど、思えばホリエモンの影響はかなり大きいように思えます。といっても何か行動を起こしているわけではありませんが・・・。 冒続きを読む⇒

福沢諭吉「学問のすすめ」読了

とりあえず読みたい本を探していたらベストセラーということで購入。 とりあえず、一人一人に権理があるとのこと。これは普通権利と書くが、 道理とかけて権理と書いているらしい。 福澤の国家論で序盤がはじまる続きを読む⇒

「古代懐疑主義入門」読了

判断保留の十の方式と言ってもさほど難しいことは書かれていなかったと思う。これは下に書いている関係というものにあてはまる。この本を読む前にピュロンが懐疑で崖から落ちて死んだという言い伝え?をネットで目に続きを読む⇒

「コケの自然誌」読了。

最近自分は観葉植物を買った。室内用の観葉植物として買ったのはサンスベリアという植物でした。一応購入してから土と植木鉢を購入してからサンスベリアをそちらに植え替えました。これは最近の出来事で自然に興味が続きを読む⇒

「哲学の使い方」読了

これもタイトルにひかれて購入。一周はしたもののあまりにも内容が多すぎて、まとめきれないところはある。しかも、よく理解できていない部分も多いです。しかし、この本で書かれている大事な事は次の事であると思い続きを読む⇒

「学びとはなにか?」読了

タイトルにひかれて購入。結構難しい内容かと思っていたが、そう難しい事ではなかった気がする。羽生善治が推薦している本との事でしたが、そこは別に重要ではなかったです。この本によれば、知識によって知識を生み続きを読む⇒

国家(下) 読了

国家上の続き、この国家下でも正義と国家について語られています。ここまでのあらすじ述べようと試みるも、あまり思い浮かばずなのが痛い。国の守護者は哲学者でなければならない。哲学者たる素質を生まれ持つものは続きを読む⇒

「work rures」読了

に行って表紙を見て買ってしまった。グーグルの人事採用トップが書いた本ということで、気になり購入。多分これは会社の経営側から見た意見なので、自分のような、凡人にはかなり難しい内容だった。人物例とかが結構続きを読む⇒