自作PC

中毒症状・・・CPU温度が変動しまくってて怖い。

アイドル時から10℃前後の動きがある

CPUHWmonitorなど手軽にCPU温度が確認できるソフトを使用するようになり、CPUの温度変化がどうしても気になります。

アイドル時は一番低いときで30℃くらいになっています。ケースファンはcoolcr master のmaster pro fanでモードは中間のモードを選択しており回転数は1500rpmになっています。

しかしなにか軽く作業をしたときやなにかのプロセスが動いているときに一気に40℃くらいまで上昇。

これが普通なのか異常なのか判断がつきません。

 

タスクマネージャーはなにもしてないときでも数パーセントの変動があります。数パーセント変動しただけでも、温度がかなり上昇するので怖いです。

 

CINEBENCHで耐久テスト

cinebenchとはCPUのパフォーマンスを測定できるベンチマークソフトです。無料でダウンロードできます。このソフトをつかった結果CPU温度は55℃くらいまで上昇しました。

低負荷の時の温度の変動は激しいですが、高負荷をかけても55℃くらいまでしか上昇しないということがわかりました。ケースファンをMaxで回転させればもっと良い結果となりそうですが、さすがにこれ以上回転数をあげると騒音もうるさいです。

CPU温度の変動はありますが、とりあえず支障はないと思うのでこのまま様子を見ようと思います。

CPUの温度が一気に上昇し、電源が落ちる【熱暴走】する原因

動画のエンコードをしていたら突然電源が落ちる現象に遭遇しました。そして、ケースファンを取り付けていないことに気づきました。しかしケースファンをとりつけCINEBENCHなどのベンチマークソフトを使ってCPUに高負荷をかけるとCPUの温度が一気に上昇してしまい、電源が落ちます。

重大なミスをやらかしてしまいました。もしかしたら同じようなミスをしている方が何人かはいるかもしれない。今回はそんな思いで記事を書きます。

CPUが熱暴走をしてしまった原因

なにかおかしいと思い、おもいきってCPUクーラーを取り外しました。
ちなみにクーラーは「虎徹 マーク2」です。

え・・・・・・?

 

ワイ CPUクーラーのフィルムを貼ったままとりつけてました・・・・

まじであほです。あほ全開です。

 

熱暴走した原因はCPUクーラーのフィルムを貼ったまま取り付けたのが原因でした。

自慢ではないですが、この状態でしかもケースファンをつけないでパソコンを1週間くらい使っていました。

そこでこのような状態でパソコンを使っているどうなるのか今一度説明したいと思います。

 

実はアイドル時はそこまで問題ありません。CPU仕様率が1,2%の時はこんな感じになります。ただCPU温度は35~50℃くらいをいったりきたりでかなり不安定な状態でした。

フィルムがあるので全く熱交換していない状態です。

グーグルのタブを開く操作をするとCPU仕様率が8%くらいになり、それだけで一気に10℃くらい上昇します。ベンチマークソフトで高負荷をかけると5秒くらいでCPU温度が90℃以上となり電源が落ちます。この事象に気づくまで4回くらい電源が落ちたので機器にダメージが及んでそうで恐いです。

 

CPUにしっかりグリスを塗りなおし再取り付けした結果

CPUID HWmonitorでアイドル時の温度を確認したら30℃~45℃くらいをうろうろしていました。これではなんだかよくわからないのでCINEBENCHで一気に負荷をかけます

 

2回連続でやった結果CPUのMAX温度は56℃でした。 ふーーーーー。

普通は何年も使用していてグリスが劣化することでCPU温度が上昇しやすくなるそうです。クーラーにフィルムをはったままなんてアホすぎる。問題が解決してただただほっとしております。

あとはCPUクーラーを締め付けるネジが片締めになっていたりするとクーラーとCPUに隙間ができて熱交換しないなどのトラブルもあるみたいです。というわけでもしCPU温度が一気に上昇するトラブルに遭遇したらクーラーのフィルムをはったままというのも疑ってみてください。(たぶんいないと思いますけど)