サンスベリア飼育日記

この前にサンスベリアの寄せ植えに挑戦したんですが、
みるも無残にみな枯れてしまいました。
2016102321340300
寄せ植えしたのは、マムピコとかいうのと、あとひとつは名前もみずに
一目ぼれで買いました。
今回のやつで学んだことは、植物は名前を調べてから、どういう風に
育てればいいのかを調べてから飼うということです。
昔の人は先祖代々そういうものを受け継いできたのでしょうが、
私たち?はそういう知識は学校や親から教わることはありません。
しかし、そのかわりと言ってはなんですがインターネットや図鑑などがありますから
必ず調べてから飼うようにしたいですね。
ただ、よくわからないのは左のほうになにかの芽がでてるんですよね。
なぜかこいつだけは死んでない。なぜかはよくわかりませんし、
これがなんなのかもわかりません。
他の植物は枯れてしまいましたが、やっぱりサンスベリアはすごいです。
まったく枯れる気配がありません。
水もほとんどやってません。
というかよくよく考えてみたら、サンスベリアと他の植物の寄せ植えなんていうのは
現実的に無理があったのかなと思いました。サンスベリアは湿気を嫌うので
水をやりすぎるのはよくありません。
枯れてしまった植物達を今から撤去しようと思います。

サンスベリアに花を寄せ植えしてみた。

サンスベリア1本だけでは寂しいので、数日前にホームセンターで
花を買ってきました。
たしか名前はエクセレントマムピコとかいうのでした。
もうひとつのピンク色のほうは名前をわすれましたが、
どちらも一目惚れで購入しました。
サンスベリアに水をやったときの吸い上げ力向上にもつながるかな
と思って花を寄せ植えしてみました。
2016092021025800

2016092722363500
たぶんこんな寄せ植えをしている人はいないでしょう。
サンスベリアは湿気に弱い植物らしいのですが、
まず水をやりすぎると根腐れをおこします。
実際に亡くなった方のサンスベリアは根があまり生えてない状態で、
水をやって放っておいたら葉が水を吸ってしなびてしまい、ついに
元に戻ることはありませんでした。
おそらく花のほうは日当たりをよく好み水はそれなりにやらないと
いけないと思うので、湿気を嫌うサンスベリアの寄せ植えは微妙
なところです。寄せ植えをして数日たってますが、とりあえずどちらも
腐らずなんとか育っているように思います。
ハニーの方は水を与えてから若干元気がなくなったように思えます。
やっぱりサンスベリアは水をあまり与えないのが得策です。
そしてやっぱり赤玉土を多めにしたほうがいいです。
自分の場合最初に土選択をミスしてしまったので、そのまま観葉植物用の
土を使っています。
観葉章句物用の土は乾いてくるとさらさらになってしまい根がはっていない状態
だと植物がぐらぐらしやすいです。
赤玉土だときっちり詰まるイメージがあります。
結局わかってきたことは、植物は蒸散で水を吸い上げるわけですが、
根がはえきっていないのはやっぱり痛いです。いくら光にあててやっても厳しいところがあります。
なので水をあげたくなるのを我慢しなければなりません。
個人的な意見ですが、外で育てる場合は腐葉土とかでもいいと思うのです。
しかし、室内はやっぱり赤玉土がいいのではないかと思うのです。
これからも植物の世話を楽しんでいこうと思います。
しかし花はいつかは散ってしまう、どうにかして繁殖させたいものです。