NHKの受信料契約の解除の電話を掛けた話

ちょっと前にNHKの受信料契約を結んでしまい、一年間で20000円以上もお金を払うことになっていたのですが、もう我慢の限界だったので電話を掛けました

ネットの情報を見ていると、NHKはなんとか契約を続行させようとあの手この手を使ってくるなど書かれていたのですが、実際電話してみるとかなりスムーズに話しが進みました。

まずはじめにネットに書いてある電話番号にかけてみたのですが、なにか違うところにかけていたみたいで、修理対応の窓口かなにかでした。そうすると違う番号におかけ直しくださいとのことで、0570-077-077という電話番号にかけなおしました。

そして電話をかけてみたら、本人確認、と注意事項の説明くらいで話は終わりました。
よくわかりませんでしたが、解約したらちょっとお金が戻ってくるみたいで、そこはラッキーです。

今回はテレビを売却して証明書を持っていたので話が速かったのかなと思います。どうも対応しているのはコールセンター専門のスタッフのようで、声の感じですとある程度年のいった女性という感じでした。解約の書類は一週間ほどで到着するらしく、ちょっと安心しました。

解約に関してですが、電話をかけなくても今はインターネットとかでもできるみたいです。

ちなみに契約に関してですが、基本的に受信料の契約をしていはいけません。
契約してしまったら終わりです。

受信機についての定義ですが、放送法では、「放送の受信を目的としない受信設備」であれば、受信契約を必要としないことになっています。
テレビでもDVDデッキでもパソコンでも、アンテナを取り付けていたり、アンテナ端子へ接続していれば、「放送を受信する目的で使用されている」と認められます。この場合は、受信契約の対象となります。

 

ケータイのワンセグだって、受信を目的として使用しないのだから(通話・ネットが目的)、テレビを、ゲームやDVD・youtubeなどを視聴する目的で使用すればこの限りではない。= 契約する必要はない。
ということなのです。これ一つの知識で、拒否するのはもう楽勝ですね。相手が法律を持ち出して、契約を強要してくるなら、こっちだって法律を使って断固拒否してやろうじゃありませんか!!BSの強制契約なんか論外です。

ということなのでテレビを持っていても契約する必要はないということです。

NAVERまとめをやっていて思ったこと。SEOっぽいことを意識するようになってきた気がする。

自分はSEOの知識に関しては全くありませんがNAVERまとめをしばらく作り続けていた結果
それっぽいことは意識するようになってきました。

例えばこのNAVERとブログに関しての記事ですが、こんな記事だと誰かの目に止まることは
ほとんどないでしょう。そもそもNAVERまとめという記事テーマ自体がマイナーすぎて、
そこにそんな需要はないと思いますし、かりになにかうまくいったとしてもこのブログを見る人
は増えないきがします。

ようするに芸能ネタとか世間の人々が気になる時事ネタとか、役に立つような記事を深くほりさ
げていかねばならないと思います。

しかし他のサイトを見ていると、いわゆる「コンテンツ力」というものがかなり不足していることに
気づかされます。検索してグーグルの一番最初に表示されるサイトとかを見ていると、
コンテンツの多さに度肝をぬかされます。

正直「これに対抗するの無理やろ」となってしまいます。
情報発信は勝負の世界だということにようやく気付いてきました。

普通にブログでグーグルの一番最初に出てくるページにのるようになるには、相当の努力が必要と思われますが、NAVERまとめはなぜかSEO対策が勝手にやられているのかどうかは知りませんが、検索エンジンにヒットしやすいという特性があるようです。

結局のところブログで情報発信できるくらいのコンテンツ力もないから、それができない人はNAVERまとめを利用するのが良いのかもしれません。

ちなみにトレンドブログを運用するには毎回800文字以上の記事を書かなければならず、
かなりの時間が費やされます。しかもタイトルも慎重に選定しなくてはならないので、素人にはかなり厳しいものがあります。

とはいえNAVERの方もしっかりとしたまとめを作ろうと思ったら30分とか余裕で経過しちゃってますから恐ろしいところではあります。

ブログも本格的にやりたいけど、なにかの記事を書けるだけの知識ももっていない。

(本から拾ってきた知識をリライトするだけもいいって意見もありましたが
めんどくさすぎてやる気にならないと思います。)

こっちのブログは書きたくなったら書く方針で。