哲学

ちょっと不思議な哲学「懐疑主義」です。

懐疑主義者の代表に「ピュロン」という人物がいます。

一説によると彼は疑いすぎた結果、崖から落ちて

死亡したらしいのです。

ただこれはあくまでも伝説なので、本当のところか

どうかはわかりません。

懐疑主義者によれば人間が知ることができる真理

は何一つないということらしいです。

 

※詳細はこちらから

現代の哲学者が何をやっているか調べてみました

少し前に哲学の本にはまっている時がありました。

とはいっても「ソクラテス」の「国家」を読んだくらいですが・・・。

哲学の本にはまりだしたきっかけは「嫌われる勇気」を

読んだことです。あの本には衝撃を受けました。

現代の哲学者が何をやっているのかを簡単にまとめています。

あまり参考になるものではありません。

 

※詳細はこちらから