windows10

windows10でディスプレイを縦表示にする方法

▼縦長の文章などが読みやすい

僕はノートパソコンを使用していますが、ちょっと気になる記事を見つけました。それがwindows10でディスプレイを縦表示にする方法。

▼概要

□ディスプレイがピポット機能に対応しているなら、回転させて縦長表示にすることが可能
□ピポット機能は、各メーカーごとに呼び方が異なる

アイ・オー・データ機器なら「フリースタイルスタンド」、
フィリップスなら「SmartErgoBase」、
iiyamaなら「パーフェクトスタンド」と呼ばれる

□ピポット機能はディスプレイを物理的に縦向きにしているだけなので表示を縦にするには
windows側で設定してやる必要がある。

▼windows10でディスプレイを縦表示にするやり方

まずはパソコンのキーボードのwindowsキーを押して、
一番左のメニューバーを表示させます。

次に赤枠囲った歯車アイコンをクリックすると右の画面が表示されるので
一番左上の項目のシステムをクリックします。

      

すると↓の画面が表れます。項目のディスプレイは最初から選択されているのでそこから設定します。僕の場合はノートパソコンなので↓のような画面になっていますが

通常ですと↓のような画面になります。
向きのプルダウンメニューがありますので、そちらを選択します。
ディスプレーの回転方向により反対向きに表示されてしまう場合がありますが
その時は「縦(反対向き)」を選べばOK。

ちなみにノートパソコンでも縦向きに変更できますね。

windows10の不要なサービスを停止する方法

windows10はいらないアプリも多かったり、

いらないサービスが勝手に通信したりしていて、それがパソコンの

パフォーマンスを低下させていますね。

図つきでサービスを停止する方法を解説していますので

参考にしてみてください

 

※詳細はこちらから