初心者や素人でもなんとなくわかる「%表示」をpythonで解決する

サイトURLに日本語が入っているとたまに文字化けしてしまう。

というか文字化けとはまた種類が違うかもしれませんが、初心者や素人にとっては結構どうでもいいです。問題はURLに日本語が入っていると、「%表記」になってしまうということです。

これを解決するpythonのモジュールとして urllibがあります。

anaconda pythonの場合は最初からurllibがインストールされています。

使い方は簡単ですが、エンコードとデコードという単語が存在します。コード例を以下に示します。

 

#urlのエンコード及びデコード
import urllib
#エンコード
encode_url = urllib.parse.quote('日本語')
print(encode_url)

#デコード
print(urllib.parse.unquote(encode_url))

日本語文字をエンコードすると、%表記になり、%表記をデコードすると日本語文字にしてくれます。詳しいことを知らなくも、これができれば十分です。ブラウザは日本語文字をちゃんと認識してくれない時がたまにあります。そいうときにこのurllibが活躍します。

わざわざプログラムを利用するまでもない人にはウェブで実行することもできます。

以下にURLエンコードデコードができるウェブサイトリンクを貼り付けておきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA