no-image

【Android Studio】LinearLayoutで 左上右下、中央寄せ、指定する方法

android studioのLinearLayoutをデザインする

android studioのデザインはactivity_main.xmlで行います。
android studioをデザインする方法はおおまかに2つあります。

  1. LinearLayoutでデザインする
  2. RelativeLayoutでデザインする

今回はLinearLayoutでウィジェットを左上右下、中央寄せにする方法をみていきたいと思います。

LinearLayoutで左上右下、中央寄せにする具体的な方法

LinearLayoutで各方向に寄せる場合は android:layout_gravity=””という属性を使用します。

下記に表を作りました。

android:layout_gravity=”left” 左寄せ
android:layout_gravity=”top” 上寄せ
android:layout_gravity=”right” 右寄せ
android:layout_gravity=”bottom” 下寄せ
android:layout_gravity=”center_horizontal” X軸の中央に寄せる
android:layout_gravity=”center_vertical” Y軸の中央に寄せる

まとめ

LinearLayoutはandroid:orientation=””という属性を設定(方向を設定する属性)すると、その方向にアイテムが配置されていくため、扱いやすいという点はあるかと思います。RelativeLayoutのメリットは親要素から相対的に位置を指定できるところです。

どちらがいいというのはありませんから、好きなほうをつかえばよいと思いますし、RelativeLayoutとLinearLayoutを組み合わせることも可能です。

RelativeLayoutのウィジェットを左上右下、中央寄せする方法については下記の記事にまとめています。
【Android Studio】RelativeLayoutで 左上右下、中央寄せ、空白を指定する方法