pythonからgoolemapを運転モードで立ち上げる方法

pythonプログラムでandroidからgooglemapアプリを立ち上げる

前回qpython androidhelperモジュールを使いスマホのブラウザを開くという記事を書いた。Qpythonに標準でインストールされているandroidhelperモジュールを使う事によって、ブラウザオープンが実現できる。

Androidで「グーグルマップ」のURLを開くと、自動でグーグルマップのアプリが起動するようになっている。

pythonからgooglemapを運転モードで立ち上げる

googlemapを開くサンプルコード

# sqlite3、androidhelperモジュールの読み込み
import sqlite3, androidhelper
droid = androidhelper.Android()
 
# データベースに接続
conn = sqlite3.connect("database.sqlite")
 
# カーソルオブジェクトの作成
c = conn.cursor()
 
# 名前検索
username = input("where name?: ")
 
print('\n') # 空行
 
# sql
select = "select * from users where name = '%s'" % username
 
address = ""
# 検索した名前からレコードを取得
for row in c.execute(select):
    address = row[2]
    break;
 
input("openbrowser? (please enter): ")
droid.view('https://www.google.com/maps/search/' + address)
 
# データベースの切断
conn.close()

このコードは最初に紹介した記事にも掲載している。このコードで実際にgooglemapを立ち上げているのは、26行目となる。

droid.view(‘https://www.google.com/maps/search/’ + address)

droid変数で中身はandroidhelper.Android()になっている。そのため、必ずプログラムの先頭で androidhelper をimportしておく必要がある。

問題なのはこの場合はグーグルマップが「通常モード」で立ち上がるということだ。それでは運転モードで立ち上げるにはどうしたらいいのだろうか・・・その方法をみていこう

グーグルマップを運転モードで立ち上げるには?

グーグルマップを運転モードで立ち上げるには url を以下のように書き換えるとよい

  • 通常モード → droid.view(‘https://www.google.com/maps/search/’ + address)
  • 運転モード → droid.view(‘”https://www.google.com/maps/dir/api=1&travelmode=driving&dir_action=navigate&destination=’ + address)

このように書きかえることによってグーグルマップを運転モードで立ち上げることができる。

グーグルマップ 運転モードの設定を行う

グーグルマップは「運転モード」のときは設定を行えるようになっている。今回設定したい内容は以下だ。

  • 交通状況を表示する
  • ガイタンスの音量
  • 高速道路を使わない
  • 有料道路を使わない

グーグルマップアプリのバージョンアップによって、この情報は古くなる可能性はあるがとりあえず書いておく。

運転モードの設定

まず交通状況を表示するには次のようにする。まずグーグルマップを「運転モード」にして、ハンバーガーメニューをタップすると、「交通状況」というものがあるのでこれにチェックをいれる。
goglemap drivemode settings(1)

次に残りの設定を行いたいので、同ハンバーガーメニューの「設定」をタップする。ガイタンスの音量と余計な機能を使わないようにスライドバーで設定する。
goglemap drivemode settings(2)

goglemap drivemode settings(3)

グーグルマップの「交通情報」見方

運転モードの設定で「交通状況を表示する」にした場合、交通情報が表示される。
googlemap 交通情報

「交通情報」の見方は以下のとおりだ。

  • 緑色 → 渋滞は発生してない
  • 黄色 → やや渋滞している
  • 赤色 → 渋滞している

運転モードのデメリット

運転モードにすると当然ながら「通信量」が増えることになると思われる。電話会社との契約でデータ通信量を適切に契約していないとすぐに容量オーバーになる可能性がある。また上記のpythonプログラムを紹介したが、ドライブモードでurlを開くと少し時間がかかる。(実際にはグーグルマップアプリがたちあがったあと、次に運転モードに移行するイメージだ)

欲を言えば、こっちは渋滞してないので「この道をいってください」とロボットが提案してほしいものだ。もうその時代はとっくにきているはずだが、技術をひたかくしにして物を売りつけようとする。こういうのはみんなと共有すべきだと思う。という妄想で終了します。


Warning: Undefined array key "thumbnail_url" in /home/users/1/boy.jp-rolpop/web/skc/wp-content/themes/godios/inc/schema-org.php on line 49

Warning: Undefined array key "thumbnail_url" in /home/users/1/boy.jp-rolpop/web/skc/wp-content/themes/godios/inc/schema-org.php on line 78