Visual StudioでWindows アプリケーションを配布する方法はこれ

Windowsアプリケーションを配布するためにまずやること

C#で作った Windows アプリケーションを配布するには、 Visual Studio で インストーラーのプロジェクトを作成する必要があります。まずこれを行うには専用プロジェクトを作成するための 拡張機能 Microsoft のマーケットプレイスからダウンロードする必要があります。

ダウンロード先は下記に示すとおりです
Microsoft Visual Studio 2017 Installer Projects – Visual Studio Marketplace

Visual Studioでセットアッププロジェクトを追加する

自分で作ったアプリケーションにセットアッププロジェクトを追加していきます。

ソリューションエクスプローラーからプロジェクトを選んで右クリック⇒追加⇒新しいプロジェクト⇒

ここでプロジェクトを選択する画面に行くのですか 「その他のプロジェクトの種類」から「Visual Studio installer」 選択します。次にセットアッププロジェクトというものがありますのでそれを選択します。

セットアッププロジェクトを作成すると以下のような画面があらわれますので、アプリケーションフォルダを右クリックし ADD⇒ プロジェクト出力を選択します。

visual studio setupプロジェクト1

次はプライマリ出力を選択します

visual studio setupプロジェクト2

プライマリ出力のファイルができあがったら、 右クリックでプライマリ出力のショートカットを作成します。

visual studio setupプロジェクト3

次にusers program menu を右クリックしフォルダを追加します。

visual studio setupプロジェクト4

出来上がったフォルダーはアプリケーションの名前にします。次にできあがったプライマリ出力のショートカットを作成したフォルダに入れます。

visual studio setupプロジェクト5

visual studio setupプロジェクト6

一通りの作業は完了しましたが忘れてはならないのかアプリケーションの名前と作成者の名前を設定することです。これを行うにはセットアッププロジェクトのプロパティで設定を変更します。

変更する項目は下記のとおりです。

  • Manufacture(開発元)
  • ProdactName(アプリの名前)

visual studio setupプロジェクト7

セットアッププロジェクトをリビルドする

以上の作業が完了したらセットアッププロジェクトをリビルドします。リビルトは自動的に行われます。完了したら、 インストーラー形式の実行ファイルが作成されます。

visual studio setupプロジェクト8

作成される場所は、プロジェクトを保存している場所にあります。これでアプリが配布できます。