python スロットマシンを作ってみる

pythonで空がとべないとわかっているのに、ずっと空を飛ぶ方法を探す病気をなおしたい。pythonでスロットマシンをつくるには?スロットマシンの仕組み自体は簡単なのですが、ここで問題となってくるのが「確率」です。pythonには実はnumpyモジュールを使うことによって、「リストの中から確率でえらぶ」というこ

pythonで「3乗根」を求めるにはどうしたらよいのか?

中学生レベルのお話がわかりませんでした。pythonで平方根を求める正直いうと平方根がなにかわからなかったのですが、これは二乗の逆のことをするわけですね。平方根って名前やめてほしいです。漢字ってほんとオワコン。(漢字の利点もあるんですけども)どうでもいいはなしはさておき python で平方根を求めるほうほうについてpythonで平方根

python 使い捨て日記のように使えるコードを書いてみる

侍エンジニアはクソだと言い続けましょう。品質向上のために。pythonで使い捨ての日記のようなプログラムを作るこちらは使い捨て日記とはいっても、アプリケーションではなくて、pythonコードの組み合わせで実現しようというものです。正直ぜんぜんなくてもいいのですが、datetimeモジュールをたまには使ってみたいということもありちょろちょろ書いてみます。

python サンプルコードでひととおりわかる datetime

全体的な数学の知識不足を感じていますpythonのdatetimeモジュールpythonのdatetime系のモジュールは活躍する機会が少ないですが、これは個人的に少ないだけで、分かる人は普通にばりばりつかっているんだろうなという感じです。どうでもいいはなしではじまってしまいましたが、pythonのdatetimeモジュールは結構ややこしいです。オブジェクトに

APowerMirrorでミラリング画面をフルスクリーンにできるか

フルースクリーンって普通にできるんですけど!?APowerMirrorとはAPowerMirrorはスマホの画面をPCにミラーリングできるソフトになり、このブログでも紹介したことがあります。APowerMirrorはPC側のソフトウェアをインストールする作業において、同時にスマホ側にもアプリがインストールされるようになっています。ミラーリングは「Wi-Fi」で

python メルカリ商品の売れ行き比率計算

既出情報のようにmatplotlibで可視化したいところでしたがめんどくさくなりやめ。(知識不足)売れ行きの比率をもとめるにはメルカリの商品については python の BeautifulSoup で取得しています。こちらは前々回の記事に書いています。メルカリの商品は売り切れただった場合は、 figcaption というhtmlタグがついています。これを正規表現である

no image

ブルートフォースアタックについて考えてみる

総当たり攻撃をしたくなりました。何通りを求める方法何通りを求める方法は知らないとあれこれ考えるのですが、ちゃんとした求め方があるようで、それを知っておくだけで簡単に「何通り」かを求めることができます。たとえば「0~9」の数字が3桁あるとしたら、10の3乗をすればいいそうです。「10 * 10 * 10 = 1000」で1000通りの組み合わせがあるそうです。こ

python メルカリ商品データを分析する。〇万円代の商品を取得するには?

どうも。surface pro4が70000円で売っていましたが、2世代だったことに気づいていませんでした。メルカリ商品データを分析するこちらの記事で、メルカリの「商品名、価格、売り切れ」のデータをとるプログラムを書きました。

python プラス マイナス変換。整数の四捨五入などの小技

note.nkmk.meって結構役に立たないから2ページ目に表示されてほしい。python プラスマイナス変換プラス マイナス変換でググってみたけど、自分の知能の低さにびびるはめになった。[py]x = 1 * -1print(x)# -1[/py]・・・。・・・。整数四捨五入の小技pythonには浮動小数

pythonでメルカリの商品名と価格をスクレイピングする。

pythonでメルカリの商品名と価格をスクレイピングしてみます。スクレイピングの準備pythonでスクレイピングする方法は知る限りでは、seleniumをつかうかbs4とrequestsを使う方法があります。今回は後者をつかいますのでpython構文の冒頭で。[py

matplotlib 棒グラフで列が増えても対応できるコードを書く。

matplotlib クソすぎわろた。 いやぶっちゃけ笑えない。棒グラフで列が増えても対応できるコードを書く。以下サンプルコード。[py]import pandas as pdimport matplotlib.pyplot as pltdef matlib_bar(data_frame): # width w = 0.

python pandasメソッド一覧 データ取得、削除、更新

既出情報のトレースではありますが、自分でわかりやすいようにまとめます。準備anacondaには最初からついてるはず。データの読み込みpd.read_csv('csvfile')csvデータを読みこむ。読み込んだものはデータフレームオブジェクトになる

matplotlibのコードを書かないようにする。

ノンプログラマーのあほコード。matplotlibの問題点 作りたいグラフに応じてコードを書く必要がある 用意したデータが全てのグラフで共通で使えるかというと・・・。 メソッドの使いまわしもむずかしいこういうことを問題点としてあげている時点でオワコンですが。

matplotlib exsample data サンプル画像

どうもノウハウコレクターです。lines bars and markers

pythonのファイル操作を改めて。削除、リストアップ、移動

pythonでファイル操作を行う準備pythonファイルの冒頭で。[py]import osimport shutil[/py]pythonでファイルの削除、移動、ファイルリストos.listdir('path')はfor文と一緒に使う。引数のpathはつかわなくてもよい。この

pyautoのコードを書くのが面倒な人のためのサンプルコード

「pythonそれ自体では空を飛べない」飛べるかどうかはその人の能力による。わたしは空を飛ぶことができない。pyautoのコードを書かない思想というか構想みたいなものは、いろんなソフトにある「マクロ記録」の仕組みに近い。[py]print("\n")print("1: moveTo :")print(&qu