完全敗北クソニート

あなたの転職力は、まだ発展途上にあると言えます。今は転職を漠然と考えてるのではありませんか?まずは何のために転職したいのか、いつまでに転職したいのか、自分の強み弱みは何なのかを今一度調理し、自分が寝られそうな求人が世の中にどの程度あるのかなど、チェックしてみることをお勧めします。

ーの転職は売り手市場でチャンスも多いので、憧れの企業に内定することを目的にするのではなく、次のステージにふさわしい最適な企業をに出会えるよう、転職活動をすることをお勧めします。 

無能な人が転職エージェントやっても意味ないという雑感

上の結果を見て ざまあ でもしてください。

ただこれだけ無能な人にも一応企業が提示されるので暇ならやってみるといいですよという感じ。無能だからアンケートの意味もよくわからないレベル。

 

忘れてたらみるかもしれない

変数 => 型 変数名
配列 => 型 変数名[] = new 変数名[要素数]

メソッド => void メソッド名(){}
戻り値あり引数あり => 戻りの型 メソッド名(引数の型 引数)
引数 => 子供に渡す金
戻り値 => 子供が買ってきた菓子
List => あとから追加できる配列 List<型> 変数名 = new List<型>
Dictionary =>あとから追加できる配列(値とキーセット)
Dictionary<型,型> 変数名 = new  Dictionary<型,型>

ラムダ式 => メソッドの省略版 引数と戻り値をもったメソッドを簡単に書ける
(a,b) => a+b

LinQ => 条件にあったものを取り出す(使い道がようわからん)
変数名.Where(ラムダ式)

 

クラス => 自分が作る型 メソッドとか変数の入れ物 class クラス名
インスタンス => 実体(おにぎり箱のおにぎり) クラス名 変数名 = new クラス名();
コンストラクタ => メンバ変数に初期値を入れる public クラス名(){}
メンバ変数 メンバメソッド => クラス内の変数 クラス内のメソッド
this. => インスタンスであることの証明

アクセス修飾子
public→全てのクラスからアクセス可能
protected→自分のクラスまたは派生クラスからのみアクセス可能
private→自分のクラス以外からはアクセス不可能

カプセル化 => privateを使ってアクセスできないようにする
アクセサ => privateメンバ変数にアクセスするためのメソッド
プロパティ=> アクセサを簡単に書けるようにしたもの
public プロパティの型名 プロパティ名

set
{
変数名=value;
}
get
{
return 変数名;
}

継承 => 他のクラスの部品が使えるようになる 派生クラス名:基本クラス名
ポリモーフィズム => 派生クラスのインスタンスを基本クラスの変数に入れる仕組み
例a = new UFO()

オーバーライド => 基本クラスのメソッドを派生クラスで書き換えられる

virtual 戻り値の型 メソッド名(引数){

}

オーバーライドする派生クラスのメソッドの書き方
override 戻り値の型 メソッド名(引数){