shortcode ultimateのバージョンアップに注意【cssは子テーマに記述】

長い間wordpressブログを更新せず、そのまま放置しておく、wordpress自体のバージョンの更新や、プラグインの更新がたまってきます。久しぶりにshortcode ultimateを更新したら、cssが崩れたので対処していきたいと思います。

shortcode ultimateは基本的に使わないようにする

wordpressをはじめたばかりでプラグインってなにをつかっていいかわからないっていう方はshortcode ultimateはインストールしないほうがよいかもしれません。たしかにあらかじめスタイリングされたパーツを使えるので便利なのですが、htmlやcssは慣れてくればパーツは自分でもデザインできるようになってくるでしょう。

また管理がめんどうになるため、よほど使いたいという意思がないかぎりはインストールしないことをお薦めします。

shortcode ultimateのcssは子テーマに記述しよう。

shortcode ultimateをバージョンアップするとcssがデフォルトにもどってしまいます。まちがってプラグイン本体のcssを編集していた場合は悲惨なことになります。

ですのでプラグインのcssも子テーマに記述するのがおすすめです。

子テーマにcssを記述する理由

たいていの親切なwordpressテーマには親テーマと子テーマがセットになっていることがおおいです。子テーマは親テーマのスタイルやphpを引き継ぐため、子テーマ側で好きにカスタマイズすることができるのです。

shotcode ultimateのcssを修正する


/*プラグインのcss*/
.su-box-title{
	margin-top: 0 !important;
}
/*プラグインのcssここまで*/

タイトル付きのボックスはタイトル上に変な余白があいてしまうのでmargin-top: 0;にします。

まとめ

プラグインのcssも子テーマのスタイル.cssに記述しましょう。では。


Warning: Undefined array key "thumbnail_url" in /home/users/1/boy.jp-rolpop/web/skc/wp-content/themes/godios/inc/schema-org.php on line 49

Warning: Undefined array key "thumbnail_url" in /home/users/1/boy.jp-rolpop/web/skc/wp-content/themes/godios/inc/schema-org.php on line 78