no-image

レザージャケットは本当に一生使える?

この間ヤフオクで【一生もの】というワードでレザージャケットがのった写真が載っていました。これにちょっと釣られてしまったわけですが、よくよく考えてみるとレザージャケットにはあまり良いイメージがないです。というわけで・・・

レザージャケットに対する個人的なイメージ

レザージャケットはまず通気性がないので蒸れやすい。そのため汗っかきの人がきてしまうとすぐに皮の質がおちてしまいそう。また蒸れてしまうと皮独特の臭いがするといったイメージ。その他には手入れを怠るとカビが生えてしまいそう。また保管場所にも気を配らないといけない。洗いたいけ皮製品は洗濯してしまうと皮の質が落ちてボロボロになってしまいそうなどです。

とまあこんな感じであまりレザージャケットに良いイメージはないですね。しかしレザージャケットはかっこいいっていう最大の魅力がありますね。自分が持っているイメージは間違っているのかちょっと調べてみましょう。

レザージャケットのお手入れ方法。

レザージャケットの手入れは、基本的に“予防”処置です。水濡れや汚れやカビ、破れが起こらないようにしっかり手入れする必要があります。ようするにレザージャケットの弱点である蒸れたりカビが生えたりするという弱点自体を無くしてしまおうというのです。

それでは実際のお手入れ方法を見ていきましょう

【買ったばかりのレザージャケットのお手入れ方法】

ポイントは防水保護をすること。

なんでもレザー専用の防水スプレーがあるみたいです。これを使用することにより突発的な雨の汚れや食べこぼしなどから守ってくれます。

  • 乾いた布やブラシでレザージャケットの汚れを軽くふき取る
  • レザージャケットにむらなく防水スプレーを吹き付ける
  • 防水スプレーが乾燥したら乾いた布でふき取る

【普段のレザージャケットのお手入れ】

やはり基本は洗濯ではなくブラシや布で乾拭きをすることみたいですね。この時に大切なレザージャケットが傷つかないように優しく拭くのがポイントのようです。

レザージャケットには乾拭きすることによって革の油分が染み出てくるという特徴があるようです。その油分によって光沢がでてくるそうです。

そして、着用していると体温で自然と油分が出てくるのでオイルの補給も必要はありません。

【もしレザージャケットが汚れてしまった場合はどうすればよいのか】

もしもレザージャケットが泥で汚れてしまった場合は固く絞った濡れタオルでふき取るのがよいようです。ここででましたね。さすがに泥汚れは乾拭きじゃとれないみたいです。油汚れに関しては専用のオイルで落とします

保革油を指でとって汚れ部分になじませ、その後乾いた布でふき取ります。

雨に濡れたしまった場合は乾いた布等で水分を除去します。この時は強くこすらずにレザージャケットの上をポンポンとたたくようにして水分をふき取るのがポイント。雨でぬれてしまった場合は油分もおちるようなので、場合によってはオイルの補給が必要です。

革は、水がしみ込むとタンパク質繊維の中にある成分が溶け出して組織が壊れるため、硬くなったり縮んだりします。そのため「革を水洗いするとダメ!」というのがこれまでの常識でした。

【レザージャケットの保管方法はどうすればいい】

レザージャケットは当然蒸れやすいのでたたんで保管するのはNGですね。そのため太目のハンガーにかけて、直射日光のあたらない風通しの良い場所で保管するのがベスト。

カビ対策のため不織布カバーを使用するのが良いようです。しかしこれでもカビがはえてしまうこともがあるので1~2か月ごとにクローゼットから出して新鮮な空気にあててやるとよいようです。

【レザージャケットに万が一カビが生えてしまった時の対処方法】

革ジャンを自宅で洗濯する方法、カビや汚れがキレイに取れる!|

このリンクに実際に革ジャンを洗濯するやり方が公開されています。しかし、自宅でレザージャケットを洗濯するやり方はデメリットが大きいですね。失敗してしまうと・・・

  • 革ジャンを傷めてしまった。
  • 色落ちしてしまう。
  • 革が縮んでしまった。

なんてことになってしまう可能性もあるようです。

革ジャンの洗濯は自分の判断で行ってください、心配がある人はクリーニング店にお願いするのも一つの選択肢です。というわけで・・・

②クリーニング店に出す

クリーニング店に出すというのもひとつの手ですね。しかしこれもドライクリーニングをやっただけで帰ってきてしまたというケースもあるようです。肝心のカビはおちていなかったりすることも・・・

③新製品の登場

“革るん”というレザー専用の洗剤が登場しているようです。なんでもこの製品は革のブーツや革のバッグまで洗えてしまうらししです。“革るん”を使えば自宅の洗濯機に入れて洗えばカビも落ちて、しかも革をケアしながら洗うことができるようです。実際に商品を試したことはありませんがそんな夢のような商品もあるのだなと思いました。

革るんには以下のような特徴があるようです。

革るんは従来の洗剤とは違い、色落ち伸縮を防止する成分が含まれています。弱酸性のためにしみ込んでも繊維が傷みにくいんです。そのため、革の繊維を壊すことなく、洗濯することが可能になりました!

さらに、保湿成分が繊維の中に入って繊維が壊れるのを防ぐため、革のしなやかさを保つ事ができます。そのため、革本来の柔軟性が蘇るんです!

調べていてわかりましたが、革製品と一生付き合っていくのは難しそうですね。革製品をまともに着たことがないので安いので試したくなってきました。