Blenderで オブジェクトをつかむ アニメーション【Child Of】

Blenderでオブジェクトをつかむアニメーションを作る方法を解説します。オブジェクトをつかむアニメーションを表現するには、ObjectConstraintsのChildOfを使います。細かいキーフレームの設定方法なども解説します。

はじめに: 物をつかむアニメーションについて

Blenderで物をつかむアニメーションをつくるには結構手間がかかります。それとアニメーションの基本的な知識が必要になります。

オブジェクトをつかむアニメーションに関しては、国内と海外にいくつかチュートリアル動画があがっているのでそれを見るのもよいことです。もしくはこの記事の情報を参照してもよいでしょう。

ボーンを操作してアニメーションをつくっていく

ボーンの細かいアニメーションに関しては省きますが、とりあえずボーンとShereオブジェクトを設置して次のような格好になるようにアニメーションをつくりました。
screenshot 20190120 1716

ボーンのShapeに関しては、アーマチュアを選択した状態で、プロパティパネルのオブジェクトデータタブから、Displayの項目で変えることができます。
Blender アーマチュア設定

ObjectConstraintsの「ChildOf」を使う

ObjectConstraintsのChildOfを使うことによって、「物をつかむ」または「物をはなす」というアニメーションを作成することができます。

ChildOfを設定するにはBlenderのプロパティパネルから、ObjectConstraintsタブにいき「ChildOf」を選択します。ChildOfはつかみたいオブジェクトに設定します。この記事ではSphereオブジェクトを使っていますので、SphereオブジェクトにChildOfを付けます。
Blender ObjectConstraints

ChildOfはアーマチュアとボーンを設定します。influenceは「影響」という意味で、これを0にすると、離す、1にすると掴むという状態になります。
screenshot 20190120 1727
SetInverceはオブジェクトのずれを修正します。

ChildOfは実際には物をつかんだり、はなしたりしているのではなくて、親子関係をつけたり、はずしたりできるものになります。これを利用することによって擬似的にものをつかむ動作を表現することができるというわけです。全容だけを解説しましたが、細かい情報はかなり省略しています。文字だけでは絶対に伝わらないと思ったからです。

ChildOfを使う動画をみる

文章では伝わらないと思いますので、BlenderのChildOfを使う動画をあげておきました。よろしければどうぞ↓


Warning: Undefined array key "thumbnail_url" in /home/users/1/boy.jp-rolpop/web/skc/wp-content/themes/godios/inc/schema-org.php on line 49

Warning: Undefined array key "thumbnail_url" in /home/users/1/boy.jp-rolpop/web/skc/wp-content/themes/godios/inc/schema-org.php on line 78